警告!ドメインの取得は期限あり!

過去にあったドメイン失効のハナシ

1999年、あの超大手企業マイクロソフト社がHotmail(無料メールサービス)のドメインを失効した事は、あまりにも有名な話です。その他にも、有名な企業でもドメインの失効をしてしまった話は沢山あります。そんな大手でもうっかりさんでやってしまうドメイン失効。ま、大手ならユーザーも沢山いるので失効してしまった場合の損害たるや、驚異的な数字になってしまいますので、それを考えれば、地方の小さなお店のドメイン失効の世間に与える影響は対したことはない・・・、とお思いでしょうが、ドメインを失効させたその後は超大手でも小さなお店でもダメージを受けることは必至ですからどちらにしてもドメインの管理だけはしっかりしておきたいものですね。

 

ドメイン取得の際は、どんなドメインにするのか、悩みどころです。やっぱりそのドメイン一つで、極端な話、企業や商品、人のイメージを決定してしまいかねませんので、イメージが確実に伝わるようなものにしたいですよね。最近では、日本語のドメインも可能になったので、よりバリエーション豊富なものを作ることが出来、その点では、柔軟になった現代の方が、便利になったと言えます。さて、これから独自ドメインを、とお考えの方、参考になったでしょうか?